Another California

今回のカリフォルニア、妻の仕事のアシスタントとして渡米。

結論から言うと海を見ることすらなかった。

ロス近郊のRose Bowlで同じみのPasadenaのお隣の町Silver Lakeで行われたEcho Park Craft fairに妻の店Stardustで出店。ここSilver Lake近郊はダウンタウンの再開発により多くのクリエーターと呼ばれる人たちが住みだし、洗練された街として人気のエリアだ。(mollusk等もこの通りのある)

話題のカフェを始めコールドプレスジュース等、ファッションからフードまで最近のカリフォルニアの流れをチェックすることができる。そんなお店なども出店した今回のイベント。

終了後しばしの休日を取りショートトリップを考えていた。
隣のブースの方や周りの出店者にオススメを聞いたところ、ほとんどの方々から”go to Joshua Tree!”
正直出張トリップでのカリフォルはロスから海沿いのサウスと内陸には全くと言っていいほど行ったことがなかった。
ということでJoshua Tree等雑誌でしか見たことも無く、まったくもって興味もなかった場所だ。
しかし、今回は海というディスティネーションを頭から外しているので、どこへでも行ってみることにした。

 

img_0361

 

デザートと聞いていたので、砂漠をイメージしていたが砂地ではあるがここには山があり植物も生息している。
その山というのが土の山と違い、地下水のよって浸食された石の山で今ままでお目にかかったことの無い異色の山であった。

 

img_0345

 

img_0353

 

ここはナショナルパークとして保護されており入場料($20)を払って車で中に入ることができる。
デイトリップであったので、1日で回れるコースを麓のビジターセンターで聞き車を降りてトレッキングコースを歩くと行ったコースをたどった。(次回は是非キャンプをしてみたいな〜)

 

img_0418

 

img_0415

ジョシュアツリー

 

img_0402

 

img_0437

 

img_0443

遠くにスプリングバレーを見下すことができる

 

img_0375

 

“Joshua Tree Pink”

 

img_0382

宿泊はこちらもオススメのPioneer Town Motel。他にもairbnbもオススメされたが素敵なところがいっぱいあるがほとんど予約済みで人気の家は数ヶ月先までいっぱいのようでした。しかし、ここもアメニティーも需実の素晴らしいロケーションと何より開拓時代を思わせるその作りに感動すると思います。

 

img_0391

 

img_0400

 

次回はもっと準備をしてトレッキングし、キャンプもしたいな〜と思います。
海辺のサーフィンもいいけど、ロスからわずか2時間あまりでこれるこんな素敵な場所、また戻ってきたいと思います。
素晴らしい旅に感謝!
ありがとう!

 

22 December 2016 | TAG:

Winter Accessories

ウインターアクセサリー更新しました。

冬時期の海をいかに快適に過ごせるか?
昨今の防寒アクセサリーはホットジェルやカイロ、発熱素材のインナーなどといった以前では考えられないアイテムの登場でかなり快適にウインターシーズンを過ごすことができるようになりました。
しかし、基本はやはりウエットを含めたブーツやグローブ!そしてヘッドキャップが大事な部分を占めるところだと思います。

注目は今期よりリリースの昨シーズンよりテスト繰り返しようやく発売開始に至った”7mm Surf Sox”そして”3mm 裏起毛Surf Cap”といったニューアイテム。
裏底はボードとの感触を鈍られないように生地厚を薄くした7mm Surf Sox。
極寒でも使用できるよう、顔の露出面積をノーマルタイプよりも狭くし、さらに視界の妨げにならないよう考案された裏起毛Surf Cap。

特にこれからの時期にオススメは冷たい北風によってちぎれるかと思う大切な耳をサーファーズイヤーからも守ってくれるSurf Cap。頭を温めることで体温の低下も驚くほど防いでくれます!

大げさと思っている皆様、是非一度お試しあれ。

お求めはお近くの取扱店またはAF Online Shopより

 

 

%e8%b5%b7%e6%af%9b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%971

 

%e8%a3%8f%e8%b5%b7%e6%af%9bcap1

 

%e8%b5%b7%e6%af%9b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97%e5%85%a8%e6%99%af1

 

%e8%b5%b7%e6%af%9b%e5%85%ab%e4%b8%81

 

 

 

22 November 2016 | TAG:

台湾

5日間の台湾ショートトリップより戻りました。
毎年恒例のトリップもここ数年行けておらず、久々の台湾はかわらず素晴らしいものでした。
台湾の友人たちがアテンドしてくれるこの旅はいつも最高の波をあててくれ、そして最高のロケーションに身を置くことができます。

 

img_0241

 

 

 

img_0622

 

 

 

img_0628

 

今回ステイしたこの場所もポイントを見下ろすことのできる最高のロケーションで最高のボードたちに乗ることができた。
ここ台湾も、特に台東エリアやはりショートボードが中心で、この台湾においてオルタナボードをメイン乗る彼らはかなり稀な存在だろう。しかし、そのスタイリッシュさには毎回刺激を受けるばかりだ。

img_0638

 

ここ台東は波のバリエーションも豊富で、フォローな河口の波からパリッとしたリーフブレイク、水量の多いビーチブレイクなどその日の気分やボードチョイスでポイントを回ることができる。

気温も首都の台北と比べ5℃以上は高く、この時期は乾燥しており旅には最高の時期であった。
8月に行った前回はじっとしていても背中にたま汗が吹き出すほど湿気と暑さで真夏の旅はあまりオススメはしない。
さらに下の台南エリアはさらに暑いので個人的は冬に来ることをオススメします。

img_0244

 

 

img_0237

 

 

img_0646

 

 

15053293_10154683206912622_1907508290_o-1

 

今回はLCCのPEACHを利用し、台湾までは往復2万を切る安さ!初めて自分のボードを持っての旅。
長さ制限があるので、ロングは持ってこれないがミッドレングスと、短いボードの2本あれば大抵のコンディションに対応できるであろう。
ちなみに台風アラートが出ると台湾では海に入れないので、ビックウェーバーは台風前のグランドスウェルを当てるしかない。
台東に限っては波質的にも短いボードのほうが断然面白いので、移動に楽なショートをお勧めする。

img_0657

 

 

img_0656

 

素晴らしい台湾の自然、そして本当に素敵な人たち。
毎回また来ると誓って台湾の地を後にする。

そして素晴らしい友たちに感謝

Thanks for shearing precious moment.
See you soon all my friends in Taiwan.

16 November 2016 | TAG: